TOP
校 章

校章の由来

昭和28年夏から秋にかけて生徒や職員、一般町民などに対して校章の募集を行った。

集まった中から決定するような作品がなく、その中から、2,3点の部分を寄せ集め、

当時新十津川中学校の美術の先生であった染谷等氏に依頼し、現在の校章ができあがった。

図案の穂先とペンの組み合わせは、勤労の喜びと勉学の精神を表したものであって、

それ以上の理由やむずかしいことなど考えてはいなかった。(染谷氏の談)

(校章が制定される以前は滝川東高校の校章を用いていた)